37歳 野菜嫌いな人や、健康志向の人が飲む印象。

「青汁」というと、野菜成分がぎゅっと凝縮している印象が強く、普段は野菜は食べない、という人でも手軽に取り入れられる飲み物だという印象があります。

 

今でこそ、青汁のバリエーションも豊富になってきているので、青臭くて飲みにくいというものは減ってきていると思います。

 

ですが、いざ自分が飲むならどれにしようかなと迷います。選ぶポイントとしては、成分や味も重要ですが、手軽に作れるかどうかが気になります。

 

おそらく、スムージーより簡単にできるはずだと思いますが、以前、野菜ジュースにこっていたときに、手作りしようと思い立ち、最新のジューサーまで買ったものの、続かずに結局ジューサーはお蔵入りして高くついてしまったので、手間をかけることなくささっと作れるのが理想です。

 

また、粉末タイプのものが出回っていると聞きますが、粉くさくないものがいいなと思います。

 

最近は子どもでも飲みやすいように甘めの青汁もあるという話を聞くので、そういうのにも興味あります。

青汁は、ケールや大麦若葉の印象だけど

青汁にはケールや大麦若葉が必ず入っていると聞きますが、それだけではなく、卵殻膜や乳酸菌、食物繊維も含まれているのですね。

 

とても興味深いです。

 

卵殻膜というと耳慣れないので、公式ホームページを拝見しました。

 

美容成分なんですね。

 

ダイエット中にプラスすると、ダイエット時におこりがちな肌荒れなどを防げるのではないかと期待が高まります。

 

鉄、ビタミンB2、ビタミンCなど、体に不可欠な栄養素も豊富だという点にも好感が持てます。

 

これはもう、野菜不足を補うだけというよりはむしろ、栄養補助が可能な食品というべきですね。

 

少し食べ過ぎてしまった翌日の朝食に置き換えてもいいかなと思います。

 

ダイエットをすると、私は便秘がちになるのですが、これを摂取すれば、食物繊維や乳酸菌の働きでそういう悩みも解消されるのではないかと思うと、試してみたくなります。

 

リンゴ味だというのも魅力の一つですね。数ある青汁の中でも、幅広い女性の味方になってくれそうな青汁だと思います。

 

アルマードの青汁を見る